青島手帖

イカン イカンセル

CLIP STUDIOでドット絵を描いてみる

今までPhotoshopでドットを打っておりましたが、もしかしてCLIP STUDIOでもドット絵が打てるんじゃね?と気がつき、移行している真っ只中。


今の時点で気がついたコトをあれこれ書き留めておきましょうか

◯『ペン > マーカー > ドットペン』があるので、ドット絵はカンタンに打てる。たぶん、漫画やイラストの下絵用の軽いペンとしての扱いなのでは?

『マジックペン』や『ベタ塗りペン』の設定でアンチエイリアスを切り、ブラシサイズを1.0にすることでドットペンと同じにはなる

◯『ドットペン』のブラシサイズは1.0で固定されている

消しゴムは『ベクター用』を使ってたけれど、狙いどおりの箇所が消えないモヤモヤ感はあった。娘から「透明色のドットペンを消しゴム代わりにしては?」との提案あり。そうするわ。

◯『図形』の『連続曲線』や『ベジェ曲線』などで引いた線がそのままドットの線にできる。すなわち大きいサイズのドット絵の作成も可能。
Photoshopでも同様の機能が使えるけれど、クリスタなら漫画の原稿に直接ドットの線が描ける。背景の写真や3Dポーズをレイヤーに取り込みベジェをひけば、時短でドット絵漫画を描くコトも可能…なのか(夢が広がる)

アンチエイリアスを切った状態での円がきれいな形にならない!(このあたりは今もなお試行錯誤中…)
×『ベタ塗りペン』のブラシサイズ変更
×『選択範囲 > 楕円選択』の円

◯『ナビゲーター』で画面を傾けさせてみたら、意外とドットの線を保ったまま傾きに対応していて「偉い!」と思った

手の角度を変更してみた。ドットの線を少し修正するだけで済んだ。ありがてぇ…。

今回はラスターレイヤーで作業したけれど、娘からベクターレイヤーの使い方を教わった。ドット絵でもイケるのでは!?

.clip形式で保存したファイルが読み込めない(なんで?)仕方がないので、ずっとクリスタを起動させたままにしている。
解決済macOSの『セキュリティとプライバシー』の設定を変更して、無事.clip形式のファイルが読み込めるようになりました。