青島手帖

<30分1本勝負> ニューディール・カワサキ 対 バロメッツ・ヤマト

胃がん検診

2年半ぶり胃がん検診を受ける。絶飲食で経鼻胃内視鏡なのヨ。

前回は鼻のとおりをよくする点鼻液や麻酔薬の一連の流れがゆったりしていたように感じたけれど、今回は矢継ぎ早なカンジ。私も二度目なので、まぁ平気。
私の前に経鼻胃内視鏡検査を受けた患者さんがおられたからなのか、スコープの冷たさは感じなかった (´Д` )エー?

ただ、スコープを「ゴクッ」とするよううながされたものの、嘔吐中枢が刺激されて無理でございました。センセイがどうにかして喉を通過させて下さったよう(感謝)鼻から通過させてもなお嘔吐中枢が抑えられないんで、喉からカメラを通すの絶対無理だわ。

看護師さんがずっと背中をさすってくださっていて、今回も「女神さま…」ってずっと思ってた。検査終了後に心からの感謝の言葉をお伝えした。
全く異常なしとのことで、改めて診察がなかったくらい問題なしでございました。よかった〜。

前回は数日間、胃の調子がイマイチだったけれど、今回は昼食からモリモリ食べられた。

鼻と喉が麻酔の影響を受けているので、飲食は1時間空けるよう言われたんですけど、前回その話を聞いた記憶が全くない…相当なダメージをくらってたのネ(なんにせよ、すぐに飲食できる状況ではなかった)