青島手帖

娘「ピアノが追いかけてくるッ!!」

【その1】2022年の手帳をどうするか考えてみよう

手帳売り場を巡回する季節となりました。

2016年から手帳は『ほぼ日手帳(オリジナル)』を使い続けていた。使い勝手が格段に良く、現在発売されている手帳の中では絶対王者的存在。しかし、持ち歩くにはちょっと重い。
f:id:choral:20210418175728j:plain

そして、私が手帳に関して重要視したい項目に変化が出てきた。

  • 気軽に持ち歩けるサイズ
  • 月間予定表がブロックタイプで日曜はじまり
  • 月間予定表のマス目に方眼もしくは罫線が引いてあるとうれしい
    • こんなカンジですネ(↓)

 f:id:choral:20210925212629p:plain

あれほどこだわっていた1日1ページがそれほど重要ではなくなったのヨ。新型コロナウイルス感染症対策で外出する機会が激減したので、手帳に書き残す要件が無いんですよ・・・。

今回、ひさしぶりに『おいどんが選ぶ!2022年度の手帳』を選出していきたい。
とりあえず、今わかっている分だけまとめておきましょ。後日、記事をまとめるゾ

ほぼ日手帳 オリジナル avec(前期+後期)

ほぼ日手帳オリジナル一年分を2冊に分けたバージョン

  • サイズ:105×148mm(A6サイズ)
  • 重さ:一冊 約117g
  • ページ数:240ページ
  • 1日1ページ
  • 月間ブロック(方眼)で月曜はじまり

はい!詰んだ!

ほぼ日手帳 day-free オリジナルサイズ

ブロックタイプの月間予定表と日付なし方眼ノートバージョン

  • サイズ:105×148mm(A6サイズ)
  • 重さ:約117g
  • ページ数:224ページ(方眼ノート:171ページ)
  • 月間ブロック(方眼)で月曜はじまり

コチラも詰んだ!日曜はじまりだったらいいのにな。

trystrams 野帳手帳2022 ヨコ型 ソフトカバー

  • サイズ:91×160mm
  • 重さ:33g
  • ページ数:32ページ
  • 月間ブロック(上下に分けるリーダー罫)で日曜はじまり

自由に書けるノートのページがどれくらいあるのかな?立ったままでの筆記にこだわった手帳なので、そこまでページ数は取れないだろうナ〜。

nakabayashi ロジカルダイアリー2022 月間ノートタイプA A6

  • サイズ:104×148mm(A6サイズ
  • 重さ:48g
  • ページ数:64ページ
  • 月間ブロック(方眼)で日曜はじまり

手帳コーナーで見つけて、ソッコーで買いそうになった。罫線のサイズがちょうどいい。しかもトラデザインがカッコイイ!って思ったんだけど、干支が寅年でしたネ。同じサイズのフリーノートがあったらロジカルダイアリーと2冊持ちにするんだけどナ〜(チケットやレシートを貼り付けるので)
店頭での在庫が減ってきているので、明日買うかもしれん。

追記:ロジカルダイアリー2022 月間ノートタイプA A6でした。ほぼ日手帳と同サイズ。

てことは、コチラのロジカルカバーノートと組み合わせれば最強なのかもしれん。


それぞれの手帳のサイズ比較をドットで打ってみた。こんなカンジなのヨ。ほぼ同じくらいですわネ。
f:id:choral:20210926095310p:plain