青島手帖

ベランダのハーブにくっついてたシャクトリムシのシャッ君がいなくなってしまって哀しい

刺し子のふきん

ついに、この刺し子糸の残りがなくなってきた。この糸は5年前に買ったもので、その手芸屋さんは閉店している。同じものはもうないだろうナ〜。
f:id:choral:20190601093533j:plain
この糸、刺し子糸にしては太い気がしていた。たぶん、こぎん糸だったのではないカシラ。店頭では刺し子糸のパッケージで販売されていた記憶がある。刺し子技法のひとつが『こぎん』なので、間違ってはいない。

本来は衣服の防寒と耐久性を上げるために(仕方なく)手間をかけてひと針ひと針縫っていた技法が、のちに芸術性をも高めていったっつー経緯が心底カッコイイと思う。これもまた人類の進歩!私には到底その域まで到達するコトはできないけれど、ほんの少しでもその心意気を感じたくて、ちまちま縫っている。