青島手帖

イカン イカンセル

内科検診(経過観察)

年に一度の腹部CT検査と腹部エコー(超音波)検査の日ですよ。絶飲食デーである。つい予約時間ギリギリまで洗濯物を干していたので、今回は3分遅刻。次回は気をつけよ。

CT検査前の説明が毎回足りない(「肌着脱いで着替えて」のみ)放射線技師が別の人に代わってた?同じ方のよーな気がするけれど、物腰が柔らかく、注意事項をすべて説明してくれるようになってた。昨年の検査の時点でも「若干優しくなってた」ってBlogに書いてたから何かあったのかもしれんし、この時点で別の人になってたのかもしれん(検査前にメガネを外すので確証が取れない)
『息を吸う』『○秒間息を止める』一回だけで検査終了。年々早くなってるぅ。

腹部エコー(超音波)検査の待ち時間がこれまでの中で最長を記録。小児科と同じフロアなので、よろよろ歩き回る幼児を孫目線で見守れて最高にしあわせ。孫目線っていうか発達心理学目線?「・・・こどもってすげぇ」って涙腺緩むんですヨ。
ちょっと離れてはパパのチノパンをギュッとつかみに戻る1歳くらい男のコ(その度にパパがよろける)が、私の視線に気がついた。ここで手を差し伸べたら走り寄ってくるんじゃないの?みたいな雰囲気だったけれど、このご時世なのでやめておいた。

エコー検査に時間が掛かっていた理由がわかった。LANケーブルのトラブルで検査結果の転送ができなくなってたんですって。腹部エコー画像は超音波画像診断装置のモニタで見させてもらいましたワ(CT検査結果は見れない)
今回も異常ナシでよかった〜。
一週間前の診察での血液検査で関節リウマチをチェックしてもらってたけれど、コチラも問題ナシでした。先生によると、リウマチは指の第一関節の痛みがない場合が多いそう。私はもう第一関節から痛いもん。