青島手帖

「捕獲人間による捕獲しばり」

Thingyfy Pinhole Proシリーズ ~ 青島革命 ~

5月半ば、ピンホールカメラ関連の記事で紹介されていたミラーレス一眼カメラ用のピンホールレンズ(ピンホール板なのにレンズとはコレ如何に?)を注文していた。

超広角のピンホール写真が『SONY α6400』で撮れるなんて!買うしかないでしょ!

国際郵便で中国からの発送とのコトでちょっとワクワクしていた。

荷物追跡番号で状況を確認していたけれど、6月初旬に発送された荷物がなんだかんだでずっと広州から動かないので心配していた。今週末までに届かなかったら問い合わせてみようと思っていたトコロに突然届いた!海外の追跡番号だったので、日本に届いてからの荷物の行方はわからなかったんだネ。
f:id:choral:20210713201203j:plain
送り状に印刷された住所氏名の行間がモノスゴ詰まっていて読みにくかった。よくコレで届いたよナって感心したし、郵便局に感謝した。バーコードが印刷されてたので、コレで確認してたのカモしんないネ。

「到着までに1ヶ月かかったナ〜」って言ったら、夫クンに「5月に注文したから2ヶ月掛かってる」と言われて我にかえった。たしかに。今7月か。

f:id:choral:20210713210836j:plain
「別途に用意しないと」と思っていたあれこれがセットになってるってトコロも魅力だった。

  • UVフィルター
    • 保護フィルター(ありがたい)
  • C-PLフィルター
    • 偏光フィルター(欲しかったんだコレ)
  • ND2フィルター
    • 長時間露光用(至れり尽くせり)
  • アルミニウムレンズキャップ
    • 取り外しに難儀するので使ってない
  • プロテクションポーチ
    • 感謝しかない

f:id:choral:20210713211020j:plain

夜の室内で、ピンホール写真が手持ちで撮影できるって信じられない・・・しかもすぐに撮った写真が見られる!
f:id:choral:20210713211221j:plain
これからピンホール写真の撮影は三脚不要、撮影日の当日にblogに載せられる!19年間のピンホール写真歴の中で最大のレボリューションが巻き起こった瞬間であった(早く撮影に行きたい)