青島手帖

娘「ピアノが追いかけてくるッ!!」

眼科検診(その正体は目の中に!)

六年ぶりの眼科検診へやって参りました。そんなに間を空けてたか〜。

(↓)この時に掛かっていた眼科は閉院しちゃったので、検診に行く機会を失ってた。

眼科検査の『オートレフラクトメータ(気球で有名)』の測定が早くなり、『ノンコンタクト・トノメーター(空気砲)』の衝撃が微風レベルになってたのに驚いた。技術の進化が目覚ましい。

「左目が見えにくい」とアピールしまくってたのに、意外と視力自体は悪くなくて「ヘ?』って思った。

ドット絵を打っていると画面中央が見えにくいナと気になっていたんですケド、眼底検査の結果は異常ナシ!飛蚊症でしたネ。ちょうどパソコン画面くらいの距離でミジンコピンピンへのピントが合っちゃうみたいなカンジです。

左右の視力に差があり、とくに左目にはかなりの負担が掛かっているらしく、将来的には今のメガネが使えなくなるらしいっスよ。今はまだ左目がピントを合わせるために頑張ってくれているそうです感謝しかない。
センセイはやんわりとコンタクトレンズを勧めてくるんですが、右目がドライアイなのでもう使いたくないし、眠い時に即寝たいのでメガネの方が助かるんだよネ(コンタクトレンズを逐一外すのが手間)

あと、眼科の定期検診はそれほど重要ではなく、むしろ「ものが歪んで見えたり、視野が欠けたりなどの異常が起こったらすぐに受診を!」とのコト。たしかにそうですネ。

早期発見、早期治療が重要な症状はけっこうあって、とくに私くらいの中高年世代の方々はめまいや難聴の症状が起こったら、すみやかな受診をオススメいたしますワ。