青島手帖

ベランダのハーブにくっついてたシャクトリムシのシャッ君がいなくなってしまって哀しい

立体マスクを縫う

以前、刺し子のふきんを縫った時に買ってきたさらしがまだ残ってたじゃん!って気がついた。
立体マスクが量産できるゾ!
f:id:choral:20200404180442j:plain
さらしを4枚重ね(表布2枚重ね+裏布2枚重ね)にした重装備マスク。さらし一枚は薄いので家庭用ミシンで十分に縫える。

新潟日報モアさんの記事で掲載されていた『立体マスク』の型紙を使わせていただきました。ありがとうございます。

縫い代を少なめにとって夫クン用のマスク(上)、縫い代を多めにとって私(下)と娘用のマスクができる!やたっ!
顔のラインに沿うデザインなので、コチラの型紙はオススメ。
f:id:choral:20200404181041j:plain

現在、このマスク用のゴムひもが品薄なんだよネ。髪を結ぶ細いゴム紐で代用できる。なければ布を紐状に縫って耳にかけられる長さに調整するなどの方法もあり。
以前、ニュースで輪ゴムを使っていたけれど髪が長いとからまるのでオススメはできない・・・。