青島手帖

いろは酢

横浜美術館 - 『オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち』展

横浜美術館で開催中の『オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち』展を観に行ってきたゾ。
f:id:choral:20190922103214j:plain
f:id:choral:20190922103333j:plain
印象に残った絵は

  • アンドレ・ドラン『大きな帽子を被るポール・ギョーム夫人の肖像』
    • 黒で縁取りをしているわけでもないのに、くっきりとした印象
    • 絵を前にした時の圧がスゴい


一言でまとめるとドランさんの絵が好き。やはり私は輪郭や色彩がはっきりくっきりした絵が好きなんだワ〜と思いましたワ。

ルノワールさんの、ふんわりとした輪郭のはかなさ(和毛の柔らかさ加減がスゴい)それでいてなぜだか圧倒的な存在感をも同時に醸し出す画力。もっと観ていたい。
セザンヌさんのりんごの話、好き。

画材が『油彩・厚紙』という作品もあり「カンヴァスでなくてもいいんだ・・・」と思った。