青島手帖

暑い!寒い!両極端!(って10年前も言ってた)

劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲 EVOLUTION

ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』を観に行ってきたど!映画館、満席だたよー。
f:id:choral:20190714100018j:plain
劇場版ポケットモンスターシリーズの第1作目を3DCG化してのリメイクである。

ゴージャスでハイクオリティなCGで話題となったハリウッド版『名探偵ピカチュウ』や、一作目『ミュウツーの逆襲』と比較しちゃうよネ・・・。

ストーリーは清々しいほど『ミュウツーの逆襲』と同じ(しかし、前作にアレンジを加えるとこれまだ非難されそうな気もする)そう考えると、今年の劇場版ポケットモンスターの企画は勇気ある決断だったナと思う。

ポケモンたちの3DCGのクオリティは流石で、造形や動き共々世界一っス!荒れ狂った天候の表現がこれまでの映像で最高レベル!
しかし、それを相殺するかのよーにサトシやカスミたちのキャラクター造形がブキミの谷ギリギリ。肘や膝、肩などの関節が不自然で、映画館で頭を抱えましたワ。人物の3DCG化は急ぎすぎた感ある。
『STAND BY ME ドラえもん』もだったけれど、日本は文化的に人物の立体造形が苦手なのカモしれないネ(フィギュアなどの素晴らしい技術があるけれど、表情の変化と身体の動きが複合的になるとついていけない印象)

前作の残酷げなシーンは柔らかめにしてあるものの、全体的に色のトーンは暗いし怖い。上映中「怖い!」「もう見たくない!」と泣き出したお子さんがおられて、そのご家族は映画館を退出されていた。お子さんたちはポケモン映画を楽しみにしていただろうと思うと、哀しい気持ちになったヨ。

私の評価としては、残念ながら今年の劇場版ポケットモンスターは失敗だったカナと・・・。TVシリーズでは底抜けに明るいポケモンシリーズを放映しているのに、劇場版でコレだもの。
製作者側は色々と伝えたいものがあるだろう。しかし、当時絶賛されていた一作目のストーリーは、現在の世の中の状況と合わなくなってきている。『重いテーマ』ではなく、単なる暗いお話である。来年の映画は小さいお子さんも楽しめる映画にして欲しいヨ。

つーか、私のよーな中高年が『劇場版ポケットモンスター』について面倒臭いコトを語ってしまって、申し訳ない気持ちである。すみません。まさかこの歳になってもポケモンシリーズで遊んでいるなんて、21年前には想像していなかったヨ。年齢層がドンドン広がっていくよネこれ。

ポケモンシリーズは、これからもずっと子どもたちのものであって欲しいっス。