青島手帖

くつした編みたい欲が湧き上がってきた。季節はもう秋。

圧力IH炊飯ジャー極め炊き 南部鉄器 3.5合

ZOJIRUSHI 圧力IH炊飯ジャー極め炊き NP-HT10-XJ

炊飯器(ZOJIRUSHI 圧力IH炊飯ジャー極め炊き NP-HT10-XJ )の内釜のフッ素皮膜が剥がれてきたので(あと、炊飯器のフタが勝手に開くという不具合も)、思い切って買い替え!

南部鉄器の羽釜のごはんを食べてみたいんだ!
三人家族なので、多く炊いても3合くらい。それならと小容量タイプ3.5合炊きの商品を選択。コレならウチの炊飯器コーナーに入りきるゾ。

私の世代だと『米はしっかり研いだあとにザルで水切り、その後浸水させて・・・』と習ったけれど、今の時代は違う!
精米技術が上がった為「二、三回軽く研いて、浸水」が新しい常識になってた。

更に、この『極め羽釜 南部鉄器』では『浸水』する必要もないんだって (´Д` )マジデ?

ところがこの『極め羽釜 南部鉄器』、説明書どおりに米と水をしっかり計っても、水っぽいご飯が炊けてしまう。柔らかすぎるのだ。付属のDVDを観ても同じようなご飯なので、この状態がデフォルトの炊き具合なのだろう(少量炊きだからなのカモしれないネ)正直、この炊飯器の購入は失敗したと思っている。固めのしゃっきりしたご飯派の方にはオススメできないワ。

仕方がないので、毎回エコ炊飯の水の量にしてしゃっきりモードで炊いている(それでも相当やわらかい)

あと、フタを閉じる時に『再加熱』ボタンに指が当たって押されてしまう。うっかり押してしまう分には特に困らないけれど、あのメロディ音をOFFにする設定が欲しい。早朝、なるべく音を立てないよう家事をしているのに、メロディが鳴り出すのは非常に困る。

すっかり懲りたので、次回買う炊飯器の選択肢の中に『象印』はないナ。

[追記] 炊飯器の内釜交換し、問題解決しました

購入後一ヶ月ほどで内釜の底にちいさい膨れが数多くできるようになり、一年ほどでフッ素コーティングが剥がれてしまったのでした。ようやく2020/08/28に『圧力IH炊飯ジャー極め炊き』の内釜の交換を依頼をしました。

『説明書どおりに米と水をしっかり計っても、水っぽいご飯が炊けてしまう』問題が解決しましたヨ!ふつうモードで炊いてもいい塩梅のごはんが炊けるようになりました!どうやら内釜に問題があったようですナ・・・。

やっと極め羽釜本来の実力が発揮できるようになって、本当によかった!美味しいご飯がいただけるようになったゾ。ていねいに長く使い続けるゾ。