青島手帖

※こたえ:じゃぐち

田貫湖キャンプ場 一日目

今月初旬から準備を整えていたキャンプ泊の旅計画。週末になると台風がやってくるモノだカラ、延期を繰り返し、ようやく出発の日が訪れた。

一ヶ月前から、夫クンはキャンプ道具の量とウチの車の荷物室のサイズを入念に確認し、隙間なく詰め込めるよう計画を立てていた。そしてすべての荷物が車にスッキリ収まった。ゴイスー!
週末の天気は快晴。最高だ。台風接近中、無理に出発しなくてヨカッタ。

パーキングエリアで、ウチに帽子を忘れたコトを思い出した。日焼け止めもネ。
f:id:choral:20141024112422j:plain

田貫湖キャンプ場はとても広い!富士山朝霧高原「田貫湖キャンプ場」富士山でキャンプ!静岡県富士宮市
リヤカーを借りて、駐車場からキャンプ道具を運ぶ。
f:id:choral:20141024112719j:plain
荷物を降ろしてみてビックリ!この大きいリヤカーてんこ盛りになった。よくこれだけのキャンプ道具がウチの車に積み込まれていたナ〜と改めて感心。

あらかじめ、数週間前に一度、テントを張る練習をしていたので、余裕っち。
f:id:choral:20141024114003j:plain
自宅では絶対にできない薫製料理!*1作ってみたかったんだー!
f:id:choral:20141024114306j:plain

ユニフレーム(UNIFLAME) インスタントスモーカー 665930

ユニフレーム(UNIFLAME) インスタントスモーカー 665930

インスタントスモーカー - YouTube

今回はスモークウッドを熱源とした『温燻法』に挑戦だ。
スモークウッドの角がチョット燃えた程度でイソイソと薫製機に投入したら、あっという間に立ち消えた。
夫クンがバーナーにスモークウッドを乗せてガンガン燃やし、やっと片面に火がついた。30〜40分程度でスモークチーズになるカナ〜と思ったら大間違い!全然燻されてない。なぜなら私が何度も何度もフタを開けて確認してしまうからだ(ゴメンゴメン)

「湖畔を一周してきたらイイ感じで燻されているカモ」と、お散歩に出かける。
f:id:choral:20141024121017j:plain
田貫湖。水鳥がいる。
f:id:choral:20141024121314j:plain
肌寒くなってきた。
f:id:choral:20141024121501j:plain
テントサイトAにテントがたくさん見える。
f:id:choral:20141024121625j:plain
娘「富士山、思っていたよりも横に長い・・・」
f:id:choral:20141024124335j:plain
ビンビンカンカンカンガスボンベ。
f:id:choral:20141024124557j:plain
田貫湖の夕景。
f:id:choral:20141024130407j:plain
テントに戻ってきたら、いいカンジにスモークチーズになっていた。プロセスチーズがこんなに美味しくなるなんて・・・もっと買ってくればヨカッタ。
ちなみに上の段に入れていたボイル帆立はまだまだ燻しが足りてなかった。スモークウッドを分割し、それぞれに火をつけ、イッキに燻したら早いカモしれないネ。

夕食は深めのフライパンを使ってビーフシチューを作ってみた。しかし、かなり気温が下がっていた為、表面積の大きいフライパンではナカナカ煮込めず悪戦苦闘。完成後もすぐに冷めてしまうのだった(夏場ならフライパンでもイケるハズ)

たき火がちょう楽しい。暖かいし見飽きない。火の粉が飛んで来るので、綿100%の服を重ね着している。
f:id:choral:20141024131656j:plain
娘がつきっきりで火の管理をしている。自宅や学校ではたき火体験ができないものネ(校外学習のキャンプファイヤーくらいカナ)

寝袋の中に防災用アルミシートを入れて、就寝。すやすや。

*1:絶対に火災報知器が鳴るだろうし、ウチ周辺のお宅の洗濯物等が燻されてしまう。