青島手帖

いろは酢

バレンタイン

昨年までの娘はバレンタインデーに対してほとんど興味がなさげだった
娘は興味が無くとも、お友達は友チョコを持ってきてくれる。それならとウチも準備をしなくてはならない。私が娘にあれこれ指示を出して、チョコレート板にデコレーションしてもらっていた。

しかし、今年はどうしたコトだかバレンタインチョコを手作りする気満々だ
「チョコレートを一旦溶かしたものは美味しくなる!」と言い出し(どこでそんな情報を?)*1しかも「ハート型に冷やし固める」トコロまで決意していた
バレンタイングッズコーナーで娘の納得のいくハート型を探しまわり、更には六個入りのチョコレートボックスを選んでいる(なぜ6個入り?)
カレンダーを見て「バレンタインチョコは土日のどちらかに作らないと!」と真剣だ。

特に「好きな男の子が云々」という話ではなく、単純に「美味しいチョコレートを作りたい」熱に浮かされているようだ。

*1:『ピッカピカに輝くチョコレート』なら『すイエんサー』で見たケド・・・。