青島手帖

いろは酢

無印良品 中身の見える福袋

今年の無印良品『中身の見える福袋・婦人』は1500円だ!
無印良品のフロアに到着したら、群衆が走っていた。転倒する子供、福袋が並べられたワゴンに激突する女性。もー阿鼻叫喚
無印良品の店員さんが福袋が並べると同時に、ごく一部のお客さんがぞろりと持っていってしまう。何の福袋なのかを確認せず、とりあえず目についた商品をつかみ取っている模様。で、離れた場所で福袋の中身の確認作業を行い、不要なモノをワゴンへ戻すという作戦らしい。おいおいおい!

ふと、私が狙っていたサイズの福袋がワゴンに戻された。ぽつんと置かれた福袋。ソレを持ってレジへ。も〜怖くて手が震えたワ。

  • ロングカーディガン
    • 黒色だと思っていたら紺色だった!日のあたる場所で見てやっと気がついた。
  • タートルネックシャツ
    • この配色も、この太さのボーダーの服は始めて!初チャレンジ!
  • 一分丈レギンス
    • 一分丈?と思ったけれど、コレがもー暖かいんだワ。
  • ダウンハーフコート
    • 嬉しい。ちょう嬉しい。

17000円相当の商品が入ってたやたっ!私的に大当たりの服ばかりでちょううれしい
いや〜、福袋は先着順に並んで、購入個数の制限をしないとキケンだと思う。ワゴンから離れた場所で大量に取り置きして、中身をチェックしている人たちがいるって状況もおかしいと思うヨ。