青島手帖

くつした編みたい欲が湧き上がってきた。季節はもう秋。

横浜美術館

夏休みの始めくらいに、娘が「壁に絵を描いてみたいナ〜」と言っていたのを思い出し、横浜美術館子どものアトリエ』の親子のフリーゾーンへ行ってみたf:id:nekonko:20110822090622g:imageひさしぶり。
前回は2006/08/21、娘が5才の時か〜。この時は親子共々入場無料だったけれど、2010年から大人一人につき100円の入場料を徴収している(子どもは無料)。受付で100円支払い、胸に貼るシールを受け取る。
館内ではえのぐやねんど*1、工作用の紙や道具が自由に使えるヨ。最後に必ずお片づけをしようネ。
f:id:choral:20110829200309j:image
えのぐのコーナー。ココから並んで、好きな色の絵の具を筆を受け取ろう。やっぱり描くものはポケモンだ。
f:id:choral:20110829201824j:image
かみのコーナー。ピカチュウお面。
f:id:choral:20110829202537j:image
私が作ったピカチュウ帽子。ドーン!この後、ピカチュウ帽子はピカチュウお面の材料になった。
f:id:choral:20110829202939j:image
ヨコハマトリエンナーレ2011』開催中!横浜美術館の前にずらりと並んだオブジェ。ウーゴ・ロンディノーネの彫刻作品だ。
f:id:choral:20110829204457j:image
娘はこの彫刻作品群がかなり気に入ったようだ。何度も往復しては色々と調べている。娘はあるコトに気がついた。これらは12作品あるんだヨ。一年分あるんだヨー。
f:id:choral:20110829204224j:image
自分の生まれた月のオブジェを見つけてみよう。
あと、横浜美術館入り口あたりにある薫製作品はイイ香りがするヨf:id:nekonko:20110308151820g:image

*1:一瞬、「えのぐやねんけど」に見える。