青島手帖

十五夜団子はあんこ無しにしてホシイ

“PHOTO IS”10,000人の写真展 2008

“PHOTO IS”10,000人の写真展 2008」に参加してみた。東京会場の「東京ミッドタウン ミッドタウンホールA・B」へgo!
しかし、起き抜けから片頭痛だ。痛み止めを服用〜。
東京ミッドタウンに到着してみると、開場は11時からだ。
東京タワーへ行ってみよう。赤いとんがりコーン
f:id:choral:20080706001810j:image
片頭痛でなければ、大展望台への階段を上ったのにナ。
f:id:choral:20080706001811j:image
ぬ〜ぼ〜とノッポンが居る。娘はぬいぐるみは好きだけど、着ぐるみサイズとなるとあまり近づきたくないらしい。
浴衣姿の方が多い。七夕イベントとして、浴衣や甚平着用で展望台までの入場が無料になるそうだ。(7月5日〜7日まで)
娘はノッポンバッジを胸に付け、展望台1階の七夕コーナーに置かれている短冊に願い事を書く。学校や地域の七夕イベントでも短冊を書いているので、願い事が思いつかないらしい。
f:id:choral:20080706001812j:image
以前、父とハトバスに乗り、東京タワーに来た事があった。この時は若干寂れた印象だったけれど、今回の東京タワーはリニューアルされて綺麗になっている。
f:id:choral:20080706001813j:image
都内は洞爺湖サミットの警備なのか、警察官による検問や巡回を多く見かける。「私が担いでいるのは撮影用の三脚です」とアピール。
東京ミッドタウンへ戻る。
ミッドタウンホールA・Bに展示されている写真を見る。これだけ多くの写真がずらりと並んでいると、流石に目をひくモノと素通りしてしまうモノがある。
私の写真は自分でも気つかずに素通りしてしまうほど地味だ。インパクトが重要カモ。
昨年も参加したけれど、東京会場へ行く時間が取れず見られなかった。昨年の写真の方がインパクトあったカモしれないナ。来年も参加するゾ。