青島手帖

いろは酢

娘が生まれた日

00:00~06:00

陣痛らしきものがあるが、一定ではない。5分間隔の時もある。とりあえず0時20分にW病院に電話。当然、10分毎になったら電話するよう言われる。
どうやら、子宮の収縮の痛みと胎動の痛みの2種類あるようで。収縮の痛みなら30分毎っぽい。お風呂に入り、待機。
10分毎になったところで、W病院に電話。夫君が荷物を持ち、歩いて病院へ。
産婦人科ナースステーションへ行き、陣痛室へ。夫君は一旦、自宅待機。
トイレに行き、お腹にセンサーが巻かれる。胎児の心音と子宮の張りをグラフ化。右のグラフがイタタタ度らしい。 腰をバットで殴られたよーな痛み。寝ても目が覚めてしまう。しかし4時~6時までは寝てしまっていた模様。

06:00~16:00

明け方、カーテン越しの隣のベットにどなたかが来られた気配がする。
陣痛は徐々に強くなって来る。腰も痛いが横向きになれない。ずーっと仰向け。辛そうな顔になってくると、看護婦さんが嬉しそうなのには、なんとも複雑。
8時30分辺りに夫君到着。
汗が止まらない。夫君にハンドタオルを濡らして来てもらう。
お隣の方の、凄まじい苦しむ様の迫力に思わず押される。
S先生の内診は容赦なく痛い。看護婦のOさんの判断は誤りがちで不安だ。
午前中に小量の破水。抗生剤ケフラール2P処方。水が少し飲める。うれしい。
どうやら予約していた2人部屋が空いていないらしい。大部屋か個室か?夫君も「ご褒美に個室でいいよ」と言ってくれたので喜ぶ。やったー!
陣痛も段々と痛さも増して来る。ヒ・ヒ・フーの呼吸しか出来ませぬ。意識も遠のく。朝からずっと陣痛につきあっている夫君も眠そうで申し訳ない。
帝王切開の可能性もあるので、水分や栄養の補給は望めない。無駄に騒いでの体力消耗は避けたい。黙々と堪える。
しかしそれが裏目に出たか?お隣の方が先に分娩室に入る。陣痛室はスタッフ不在。ピンチ。
コチラもいきみ願望最高潮。人生最高に辛い。1時間ほど堪える。ようやく子宮口全開と判断される。

18:00~18:30

分娩室へ。その時でもお隣の方は分娩中。大変そうだ。スタッフのほとんどはお隣の方にかかりきり。私はどうなる?意外に分娩準備に手間が掛かるらしい。そういう状況と私の意識と関係なくいきんでしまう。
お隣の方が産まれた!という辺りで、コチラは破水。急いでS先生が準備に取り掛かるが、もう産まれそーな欲求には逆らえない。もー勝手にいきむ。
「もう、頭が見えてますよ。」と言われ、「や・・・やっぱり!」と思う。「コッチの方にいきんで」と言われるが、どうやっていきみの方向を自在に操ればイイのかが分からない。
3回めのいきみで産まれる。産まれたとたんに痛みは消える。はて?
赤ちゃんが小さいといわれる。検診の時にも言われていたけれど、やっぱり。元気ではあるけれど。一応、保育器に入るとのコト。
我が子はどこにに?と探すと、部屋の隅に設置してある装置に新生児が寝かせてある。女の子っぽい?
お隣りの方のお子さんは男の子だったハズ。我が子は娘であった。誰も性別を教えてくれなかったので自分で確認。

18:30~00:00

プレートに名前を書く間、娘を抱かせてもらう。小さいとはいえ、ずしりと重い。薄く目を開けている。漆黒の髪。クッキリした一重の目。狭いおでこ。私似だろうか?
腕にプレートを巻く時の手が小さい。ツメが伸びている。切りたい。
娘は新生児室に向かう。私はといえば、このまま2時間休むらしい。いつのまにか眠ってしまう。
一時間後、体温を計る。37.5度。
二時間後、37.1度。色々と説明を受ける。車椅子に乗り、ずーっと待っていたであろう夫君と病室へ。お義父さんとお義母さんも来られていて驚く。
9時消灯。夫君にサンドイッチとおにぎりを買って来て貰う。夫君帰宅。
荷物を片付け、部屋のカギを閉めて寝ていたら、看護師さんに厳重注意を受ける。6時間は歩いてはいけないし、カギを閉めてもいけない。トホホ。その件については全くの初耳なのだケド・・・。入院前に説明がホシイ。
かなりの時間、熟睡。トイレに行く為にナースコール。ソロソロと自室のトイレへ。時計を良く見れば、まだ0時30分!?長い一日。