青島手帖

ドット絵を打ったり、写真を撮ったり、つぶやいたりしています。

2018年に読んだマンガ

kindleのおかげで本棚のスペースを気にせず、続きもののマンガが読めるようになってしあわせ。
そして、Blogに感想を載せる間もないママ、年末になってもた(1月3日に『いとしのムーコ 12』の記事を書いたっきり!)

2018年に読んだオススメのマンガを選出してみたヨ。

死神! タヒーちゃん(全3巻)

ポンコツだケド、一生懸命な死神タヒーちゃんを筆頭に(かふん先生ならではの)途方もなく個性なキャラクターが続々と現れるっつー、スピード感半端ないギャグ漫画。絵がデザイン的にかっこよくて巧い!生頃くんの義理のお姉さんがダントツでヤバいと思った。

死神! タヒーちゃん 3 (ヤングジャンプコミックス)

死神! タヒーちゃん 3 (ヤングジャンプコミックス)

ダーリンの東京散歩: 歩く世界

東京観光を考えている外国人へオススメしたい一冊。知識が詰まってるゾ!小栗先生のセンスあふれる画面構成の美しさが好き。コピックの彩色も色合いが柔らかくてイイ!

ダーリンの東京散歩: 歩く世界

ダーリンの東京散歩: 歩く世界

トニーさんの「訳さないで」「その人のレベルによってそれなりの会話になるんだからほっといて」にはカチンときたナ〜(この言い様はない)この場面でトニーさんが英会話講師になる必要はないでしょうに・・・。

ありがとうって言えたなら

瀧波ユカリ先生の強烈なお母さまの看取りのお話。ユカリ先生の心の葛藤とおねえちゃんの献身的な看病に泣ける。電話リーディングの話には底抜けに驚いた。意味はない・・のか(呆然)

ありがとうって言えたなら

ありがとうって言えたなら

9年めの未病生活 不調な私のセルフメンテ術

病院で検査を受けても数値では特に異常なし。でも体調不良が続く・・・という青木光恵先生のコミックエッセイ(2013年発売)

9年めの未病生活 不調な私のセルフメンテ術

9年めの未病生活 不調な私のセルフメンテ術

冷えとりの靴下4枚重ね・・・重ねばき1枚目の『絹は毒素を吸う』って何!?毒素で靴下に穴が開く!?めんげん(好転反応)!?コレって疑似科学だよネ。
サプリメントはこの本で影響を受けて、亜鉛とビタミン、鉄のサプリを今も時々飲んでる(プロテインも時々飲んでいる)
青木先生の本は絵柄も可愛らしく、明るくて元気がもらえる!

がんまんが 私たちは大病している

直腸がんとの診断を受け、ストーマ人工肛門)を造設したという内田春菊先生のコミックエッセイ(私のパパンも腸閉塞の緊急手術でストーマを造設した)

私は分冊版で買ったけれど、8話めまでをまとめて一冊になったのがこの本。分冊版は続きが気になってドキドキしていましたワ〜(娘2ちゃんの意外なラインの返信のあたりとか)

すとまんが がんまんが人工肛門

分冊版16話めまで一冊にまとめたのがコチラの本。ストーマ人工肛門)について、わかりやすく描かれているので(観察眼の鋭い春菊さんならでは!)オススメの本。

まだ続きそう(?)な終わり方だったので、続編があるカモ?

元気になるシカ!2 ひとり暮らし闘病中、仕事復帰しました(全2巻)

卵巣がん治療後、そしてシリーズ完結。

担当編集さんのこの激励は一歩間違うと病人を打ちのめす暴言になりかねないので、私はこの流れを『いい話』とは受け止められない。っていうか、少しは言い方を考えて!
もしかしたら、担当さんは編集者会議で上の方から何かキツめなコトを言われたのかもナ。

サトコとナダ(全3巻)

遠くてなんだかよくわからなかったイスラム教のイメージが一変したマンガ。一気読みしちゃうワこれ。
人の多様性を受け入れる大切さを学べるゾ(これからの時代、重要になってくるよネ)

サトコとナダ(1) (星海社コミックス)

サトコとナダ(1) (星海社コミックス)

サトコとナダ 2 (星海社COMICS)

サトコとナダ 2 (星海社COMICS)

サトコとナダ 3 (星海社COMICS)

サトコとナダ 3 (星海社COMICS)

サトコとナダ 4 (星海社COMICS)

サトコとナダ 4 (星海社COMICS)

サトコが留学を終えた時にどうなっちゃうんだろう?と心配だったけれど、未来を感じさせる明るいお別れで本当によかった。まさに大円満!