青島手帖

ドット絵を打ったり、写真を撮ったり、つぶやいたりしています。

今日の作りおき料理

つくおきレシピより『ブロッコリーと卵のおかかツナマヨ玉ねぎあえ』

f:id:choral:20180604085821j:plain
ツナマヨへ更にかつおぶしを投入するというアイデアに脱帽である。絶対に美味しくなるヨこれ。

買い置きしていたツナ缶はノンオイルタイプだったので、少しサラダ油を投入してみた。

予想以上に量が多く、プラスチック製タッパーに入りきらなかった。

ブロッコリーに『卵のおかかツナマヨ玉ねぎ』がからまなくて苦戦したけれど、完成写真を見るとそこまで無理にからめる必要はなかったっぽいネ。
食べる時にブロッコリーへ乗っけるカンジですんごく旨し!『卵のおかかツナマヨ玉ねぎ』は別に分けておいて、アスパラガスやきゅうりなどの野菜と合わせてもよさそう。

レシピには『卵は水から10分ほどゆでて固ゆでに』とあるけれど、『卵は水から入れ、沸騰してから10分ほどゆでて固ゆでに』の方がよりわかりやすいかと。*1


つくおきレシピより『牛肉のトマト煮込み』

f:id:choral:20180604094949j:plain
「ガラス製容器に入れたかった」と悔やんだけれど、夕食で全部食べきったので、いっそフライパンのまま食卓へ出してもよかったくらいだ。
トマトの酸味がどうなるのか気になっていたけれど、ハッシュドビーフ風の味で箸がとまらない旨さ!今度はじゃがいもも入れてみようカナ。

もっとつくおき もっとかんたん、もっとおいしい (美人時間ブック)

もっとつくおき もっとかんたん、もっとおいしい (美人時間ブック)

レシピでは『牛肉を牛乳に漬け込んで柔らかくする』とあったけれど「玉ねぎのタンパク質分解酵素パワーの方が効率的に柔らかくなるじゃろ?」と、ハンディチョッパー(みじん切り器)で玉ねぎを粉砕している途中で「あ、牛乳に漬ける方が楽だったわ・・・」と気がついた。


つくおきレシピより『ほうれん草のナッツあえ』

ゆでたほうれん草とあえる材料を別にして冷蔵庫へ保管。明日の朝に食べるゾ。
f:id:choral:20180604094548j:plain

私の文章って『けれど』or『なんだケド』系が多過ぎね?

*1:私は個人的に『固ゆで卵は沸騰後13分』と思っている。むかし、調理実習でそう習ったんだケド、夫クンも娘も『10分』って言うのよネ。私だけ別次元からやってきたんか?