青島手帖

ドット絵を打ったり、写真を撮ったり、つぶやいたりしています。

あかぎれとの長き戦いに終止符が打たれたカモしんない

今年の冬はアカギレにならないようにと心がけまくりました(変な日本語)アカギレになると指が痛くてノートが書けなくなるんだもん。スゴいハンデになるんだコレが!

これまでの私は『皿洗いでゴム手袋は絶対に使わない』という謎ルールを頑固に守り続けていた。20代の頃だったか、指先のケガでしかたなくゴム手袋を使ってみたトコロ、サイズが合わずモノスゴ使いにくい上に、かゆみとかぶれに悩まされたというイヤンな過去があったからである。

『すべり止め軍手 キュキュラ』を使ってみて「サイズぴったりのグローブは素手以上に働ける!」と思ったと同時に『あれから相当年月が経ったのだから、ゴム手袋も同様に改良されているハズだ』と気がついた(←遅い)

これまでほとんど見るコトのなかったゴム手袋売り場。ゴム手袋よりビニール手袋の時代になってた知らんかったすっかり時代に乗り遅れてた

「これからは無理をしないゾ」と、アカギレが再発した時期はビニール手袋を装着して皿を洗い、調理は使い捨てポリエチレン手袋を使用。そのおかげで今年度の冬はアカギレになっても1〜2日で完治!やったゼ!ついにアカギレに勝った!(勝ち負けか?)

あともうひとつ『アカギレになった指の爪を切りすぎない』もポイント。爪は指先を守ってくれているんだネ。
衛生面において爪はしっかり切っておきたい派なんだケド、アカギレになった時だけは別!調理は使い捨てポリエチレン手袋を装着しているから、爪の長さは関係ナス!