青島手帖

ドット絵を打ったり、写真を撮ったり、つぶやいたりしています。

スプラトゥーン2 イカすアートブック

先日届いていた『スプラトゥーン2 イカすアートブック』をようやく読めた。

スプラトゥーン2 イカすアートブック

スプラトゥーン2 イカすアートブック

前作同様、内容盛りだくさん!オススメの一冊!

しかし、ちょっとイヤな気持ちになる箇所がいくつかある。
中でも「これはちょっと・・・」と感じたのが、P59にガールの髪型のイラストに添えられたコメントに「ちょーあたまわるいコ」「やべぇ かかわりたくない」とある。
読みようによっては笑えるアレととらえられるカモだケド、上から目線の悪口だよネこれ。言われてうれしい言葉ですかね?伝えたいコトはわかるけれど、これは言い換えられますよネ。

膨大な数の設定画を考える上での勢いだと思うけれど、実際にゲームで選択できる髪型に対して、公式側から「ちょーあたまわるいコ」と言われてしまうと哀しさしかない。
イカちゃんたちの設定として「楽観的」とふんわりした言葉で解説されている意味がなくなってしまうがな。

設定の段階ではデザイナーさんの思いの丈をぶつけて自由に描いていただきたい。表現力を高める為ならどんな言葉でもOKだと思いますワ。そして、出版の段階になったら様々な方々が目を通すコトを考慮して作っていただきたいナと思うのですヨ。