青島手帖

ドット絵を打ったり、写真を撮ったり、つぶやいたりしています。

おいどんも電子書籍について考えてみた

あれこれ悩んで、Kindleストアで『ドミニオン F』をダウンロードしてみた。iPhoneで読むのは辛いカモと思ったケド、フツーに読める。元々、私が豆本が好きだからカモしれない。

これまではiBooks Storeで書籍をダウンロードしていた。すでにある程度、巻数の揃ったマンガもある。

iBooks

iBooks

しかし、iBooks Storeでは取り扱っていない本がけっこう多いのだ。

例えば、内田春菊センセイの『私たちは繁殖している(ぶんか社コミック版)』シリーズ。
Kindleストアでは最新巻の15巻まで電子書籍化されている。しかも13巻まとめ買いで¥4,320-というびっくり価格!(まとめ買いせずとも、1冊ずつ購入でも値段は同じ)

それに対し、iBooks Storeではぶんか社コミック版がなぜか1巻、3巻、4巻、5巻、8巻、9巻と飛び飛び状態!なんで!?ちなみに角川文庫版はKindleストアとiBooks Storeとで品揃えは一緒。

表にまとめるとこんなカンジ。ついでに角川文庫版の巻数がわかりにくいので、コチラもまとめてみた(◎はまとめ買い対象)

わた繁 1巻 2巻 3巻 4巻 5巻 6巻 7巻
Kindle
iBooks × × ×
角川文庫 イエロー ピンク ブルー レッド グリーン バトル ヴィクトリー


わた繁 8巻 9巻 10巻 11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
Kindle
iBooks × × × × × ×
角川文庫 トラベラー オレンジ ソーダ - - - - -

追記 (2016/08/31):まとめ買いセットに14巻15巻がプラスされて、¥ 5,616-に更新されていた。

11巻〜15巻を読みたかったら、Kindle版を選ぶしかないのだ
「書籍を買えばいいじゃない」と、私も考えていた頃もありました。『私たちは繁殖している』シリーズは重くて分厚いんですワ。もうウチの本棚の容量は限界点に達している。棚に二段構えで並べているので、読みたい時に本がすぐ取り出せない。
いっそ、これまで揃えてきた『わた繁』シリーズを処分し、Kindleストアで買い直そうカナと思い始めてきた(その本棚スペースも空くし)と同時に、引っ越しで処分し、今猛烈に後悔している『ドミニオン』シリーズや『仙術超攻殻ORION』も買い直したい!

という流れの記事。久しぶりに読んだ『ドミニオン F』は懐かしい上に、ずいぶん忘れていたエピソードもあり、新鮮な気持ちで読めて得した気分となった。当時、まだ思い至らなかった感情や考えも出てきたりと「深いマンガだワ〜」と改めて思った次第。

来月末、Amazonプライム無料体験期間終了後、年会費を払って、Amazonプライム会員限定クーポン使ってPaperwhite買うんだ(←バースデープレゼント)
Amazonプライム・ビデオでポケモンアニメが観られるので最高!あと、一休さん最高!