青島手帖

ドット絵を打ったり、写真を撮ったり、つぶやいたりしています。

段ボールクラフトプログラム

フェリシモの『段ボールクラフトプログラム』を始めてみた。

あらかじめ、切り抜かれた状態で届かない『テンプレート用紙』カッターナイフの使い方の練習をする為である*1
この時点で「えー、テンプレートは自分で切り抜くの!?面倒だワ〜」って方はこのプログラム向きではないカモ・・・。
f:id:choral:20150305101201j:plain
この作業の後、化粧紙とクラフト紙、そしてダンボールを切り抜かねばならないのだ。「切り抜いて張り合わせる作業がちょう楽しいー!」という人にはオススメのプログラムである。

テンプレート用紙に色々と作業についてのコツが書かれているのだケド、その中で「疲れたら休憩しよう」はホント重要!結構、疲れで指先がガクガクしてくるし、集中力が欠けると怪我をするものネ。

色々と失敗したりしながらも、どうにかファイルボックス完成!
f:id:choral:20150305102526j:plain
よく見ると、右側のファイルボックスの背パーツが数ミリ長くて飛び出している。ソレを調整して作ったのが左側。ピッタリになったけれど、どうも納得いかない。

夫クンが「ダンボールの厚みが薄いんじゃない?」と言った時にふと気になり、テキストをもう一度読み返してみた。

・・・原因が分かった!

私は厚さ3ミリのダンボールをそのママ使っていたのだ!テキストでは「2枚貼り合わせて6ミリ厚にしましょう」と書かれていた。根本的なミスをしていたワ〜。
すなわち、今回制作したファイルボックスは強度不足なので、使用に関して注意が必要となる。とほー。

*1:撮影した時点ではデザインナイフを使っている。「これでは練習にならないナ」と気がついて、のちにカッターナイフへ切り替えた。