読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青島手帖

ドット絵を打ったり、写真を撮ったり、つぶやいたりしています。

内科検診と眼科検診

いりょう

あれから半年後、レバーちゃんの様子をうかがう内科検診にやってきたヨ。

受付で患者数20人待ちと聞いていたけれど、待ち時間15分程度で診察室に呼ばれた。マガジンラックの『きょうの健康』を読み始めたばかりだったのに・・・。

今回は「とりあえず血液検査の値を見てから、腹部エコー検査をするかどうか考えましょう」とのコト。更に「抗ウイルス薬の投与を検討してみては?」と言われてビックリ。私が知らん間に医学が進歩してたヨ。*1
一日一回の服用で、生涯に渡って飲み続けなくてはならない(自己判断で止めてはいけない)治療法である。
一瞬「生涯飲み続けなくてはならないって、結構負担だワ〜」と思ったけれど、すでに夫クンも飲み続ける薬を服用してたワ。

予想外に時間が余ってしまったので、続けて眼科検診も受けてみた。
2013/09/23/に眼鏡を作った時、若干ピントが合いにくいような・・・と感じていた。

眼科の先生に「このメガネの度は合っているでしょうか?」と聞いてみたら「完璧に合っています」とのコト。
なにやら先生が言い淀んでいる様子だったので、私が「加齢によるピント調節機能の低下ってヤツですか?」とズバっと言ったら、ホッとした表情で「そうです!」ってゆーたヨ。
そっかー。眼鏡屋さんの言うとおりだったワ。チョット疑って正直スマンカッタ。
目の方は異常ナシで一安心。レバーちゃんの様子はまた来週。

会計の時に財布を探したら、カバンの中に入ってなーい!そういえばリビングの床の上に置きっぱなしだったワ。急いで取りに帰りたいケド、先ほど散瞳薬を打ったので二時間ほど動けないんだナこれが。

*1:20代半ばにインターフェロン療法を受けたけれど、残念ながら効果は出なかった。この治療でかなり体力が奪われたワ〜。