青島手帖

ドット絵を打ったり、写真を撮ったり、つぶやいたりしています。

全公立展 2014

六月初旬頃に『全公立展』が開催されるらしいという情報をこの日につかんでいた。タマタマである。
娘が中学生になったら『全公立展』へ連れていくんだと意気込んでいた。

その日が訪れた!

会場の『パシフィコ横浜』へ9時(開場一時間前)に到着。2Fデッキ部分から1F待機ホールへ誘導されて、開場までの45分間待機。
前倒しで9時50分に開場。先頭から順番に入場するも、入場制限あり。開場から15分後、私たちが並んでいる列の入場がはじまる。
会場入口では『高校ガイドブック』*1と『JHIP(フリーマガジン・神奈川新聞社発行)』が一家庭に1冊ずつ配布される。
その先は塾のパンフレットの配布が続く。手提げバッグやうちわもついてくるので、もらっておくと、高校のパンフレット類を入れられて便利だゾ。ファイルケースをつけてくれるとうれしーナ。塾のブースもあるので、質問や相談もできるゾ。

今の時点で気になる(主に私が)高校のブースでパンフレットをもらい、センセイや生徒さんにお話を伺ったり。今回は会場の様子の下調べがメイン。来年は質問をきちんとまとめて行くゾ。

パシフィコ横浜』に10時〜12時くらいに到着すると、待ち時間がやたら長くなるので、いっそ午後へ時間をズラすが吉。

このあと、ワールドポーターズでアイス食べたり、ポケモンセンターに行ったりと浮かれていたら、片頭痛発動!快晴の眩しさやエアコンの冷え、屋外の暑さにヤラれてしまった模様。痛み止めを服用するタイミングをハズしてしまった為、体調悪化みなとみらい線の辺りで生あくびが出始めてバイヤー。乗り換えた車内でもー倒れそうな勢い(?)
駅からタクシーで帰って来ちゃったワ。ココまで危ない橋を渡ったのは久々。

*1:『高校ガイドブック』は全公立展サイトよりPDF形式でダウンロードできるヨ。