青島手帖

ドット絵を打ったり、写真を撮ったり、つぶやいたりしています。

娘が学校に行きません 親子で迷った198日間

視えるんです』の最新作目当てで『無料Webマガジン コミックエッセイ劇場』を時々チェックしていた。
そんなある日、娘が「この『娘が学校に行きません』って四コマ漫画、主人公がウチと同じ五年生だって」と言い、ちょっとギョッとする。
コミックエッセイ プチ大賞に選ばれたエッセイ漫画だ。

直球でかなり衝撃的なタイトルだケド、さらりとしたほのぼの系の絵柄が功を奏し、感情に揺さぶられるコトなく読めてしまう。
受賞作品が掲載されていた時は「エネルギーマイナス!」「これじゃあ 戦えない」のトコロで終わっていたんで、ずーっと気になってたのだった。

書店の新刊コーナーをのぞいたら、すでに書籍化されてた。驚いた。

娘が学校に行きません 親子で迷った198日間

娘が学校に行きません 親子で迷った198日間

娘さんの通う小学校の先生方や小児科のセンセイのサポートが素晴らしすぎる!友だちの力ってスゴいネ。カウンセラーのセンセイもイイ事言ってる。

いい感じになってきたかと思えば、ガクッと後退してしまう。合い言葉は「決してあせらず」「お母さんは笑ってみているだけでいいんです」(←コレが結構ムズカシイんだナ・・・)

あとがきに、中学生になった娘さんが当時のコトを振り返ったつぶやきが掲載されている。ホントによかったねぇ。