青島手帖

ドット絵を打ったり、写真を撮ったり、つぶやいたりしています。

コクリコ坂から

録画していた『コクリコ坂から』を観た。
ストーリーに起伏がなく、するーっと進み、盛り上がりもなく終わっちゃったみたいな印象。テンションが緩い?考えすぎて、勢いが無くなってしまったのカシラ。
主人公の名前は「フミ」なのか「メル」なのか?登場人物の名前がほとんど記憶に残らないままだし、随所に「どうしてこうなった?」みたいなエピソードがちょくちょく出てくる。
イチバン腹が立つのが、姉まかせで家事を何ひとつしない弟と妹。それに対してなにも言わない周囲の大人たち。なんだか怒りを通り越して、気味悪さを感じる。

背景に描かれている横浜の風景は圧巻。横浜元町や氷川丸の緑の船体色にニヤニヤ。その点では見応えのある映画だった。