青島手帖

ドット絵を打ったり、写真を撮ったり、つぶやいたりしています。

耳垢栓塞!両耳

娘が帰宅するなり、涙目で「残念なお知らせがあります」と言う。
小学校の耳鼻科検診で異常が見つかったらしく『医療機関への受診を勧めるお知らせ』をもらってきた。娘は「ウチの耳が大変な病気になっているらしい」と恐れていたようだ。
それを聞いた時、私は「ああ、たぶんアレだ。耳垢栓塞だ」と思った。『お知らせ』を読むと診断名に『両耳耳垢栓塞』と書かれている。やっぱり。コレで3回目だネ。
すぐにN耳鼻科医院へ向かう。今回は耳アカを軟らかくする点耳液はなく、小さな掃除機のような器具を耳に入れて、アカを吸い取られている。
娘はガッチリ目を閉じて何かに耐えている様子。
後で聞いてみると、耳と鼻とでつながっている目が吸い込まれそうで(ギャー!!)目を固くつぶっておらずにいられなかったそうナ。吸い込まれるなら、目を閉じても無駄ではないカシラ。
病院へ向かう途中、娘が「『な』って紫のポイフルって感じだよネ」って言う。え?紫のポイフル?
数字に色がついている(2010/06/02)に引き続き、文字には色とグミ的な食感があるらしい。
五十音の母音のみ聞いてみた。

あ:赤色のポイフル
か:なし
さ:水色のポイフル(新種のポイフル)←原文ママ
た:ない
な:紫色のポイフル
は:ない
ま:ない
や:緑色のポイフル
ら:黄色のポイフル
わ:ない
ん:黒色のポイフル

時間を置いて聞いてみても答えは同じなので、娘にとってはそうなのだろうナ。ポイフルの食感が重要らしい。