青島手帖

ドット絵を打ったり、写真を撮ったり、つぶやいたりしています。

パパン・・・

父、退院二週間後に頭部のCTスキャンを受けたら、とある病気の疑いありと診断された。
そして今日は精密検査。MRI(核磁気共鳴画像法)を受けたトコロ、その疑わしい病気では無かったコトが分かった。ほっとしたのもつかの間、今度は別の病気が確定された。えええ!?
父の年齢となると手術をするにもリスクが高く、父自身も手術を望んでいない。まぁ、父の生活習慣を見る限り、経過観察をしっかり受けていれば問題はなさそう。
しかし、流石の父も、医師からの「死」という言葉になにかを思ったようだ。さっそく、病院の待合室で弟と意見の対立が起こってしまったらしく*1、ホント世の中ママならぬー。

*1:パパン大好きな弟は、父の意見を優先したそう。この一ヶ月、弟の心労を思うと目頭を押さえてしまうヨ。もー。