青島手帖

ドット絵を打ったり、写真を撮ったり、つぶやいたりしています。

おせち料理への道 伊達巻き

今年こそはおせち料理を作ってみよう。いきなり飛び込むと足がつるので、11月から準備運動に入っておく。
今日は伊達巻きを作ってみた。
ウチにはフードプロセッサーはもちろん、すり鉢もない*1でも、すりこぎはある*2ので、はんぺんを親の敵とばかりに潰す。
卵とつぶしたはんぺんをボールに投入し、泡立て器で混ぜる。もちろんお互い微妙に分離したママだけど仕方が無いネ。
卵焼き器に入れて弱火にし、しばらく様子を見ていると、思いっきり下の面がこげている。ヒィイイイ!弱火でもダメ!?
焦げた面を下にしたママ、大きい皿に移し、困った時の電子レンジ頼み。全体に火が通った頃合いに取り出し、ラップを敷いた巻きすに乗せて巻き、輪ゴムで留める。冷めたら包丁で切って完成。
食べてみると、期待していたほどの甘みがない。むぅ。

伊達巻きの反省点

  • はんぺんをざるでこす方法があった。
  • 卵液を卵焼き器に入れて、弱火で焼き色をつけた後はアルミホイルでフタをして余熱を使うとイイんだネ。
  • もっと砂糖を入れても良かった。

*1:ベビーフード用のミニすり鉢を持っていたけれど、誤って廃棄してしまった。大後悔。

*2:めん棒代わりに使っている。でもめん棒もある。