青島手帖

ドット絵を打ったり、写真を撮ったり、つぶやいたりしています。

オタマトーン

f:id:choral:20100102205659g:image
 
オタマトーン」発見f:id:choral:20100102205700g:image
娘、貯金で購入。
まったりとした音で
和むYOf:id:choral:20100102205710g:image
 
「光って歌うよ
温泉がえる」
も購入f:id:choral:20100102205710g:image
お風呂に浮かべる
癒やしグッズ。
娘が更に風呂から
あがらなくなるナ
f:id:choral:20100103125910g:image 

今年はデコメテンプレートが作れるようにがんばりたい。.dmtファイルと.khmファイルは夫君のdynabookを借りればなんとかできそう。強引すぎるライン素材(200*30サイズ)を配布している点をどうにかしナイト。ラインとして使えないもの。
あと、今年こそは役員を引き受けないようにしたい*1。頼まれるとなんか「やります!」って言ってしまうもの。この自分の「できるカモ」って思ってしまう自信がどこから出てくるのかがワカラナイ。毎回できなくて後悔するのにナ。まぁ、今年はなんとなくPTA関連で引き受けそうな予感。
東急ハンズで展示品が置かれていて、人目をひいていた「オタマトーン」。愛らしい。娘はホワイトを選択。
オタマトーン(ホワイト)

オタマトーン(ホワイト)


オタマトーンの持ち方は「しっぽスイッチを右手、お口を左手」とあるけれど、私は逆の方が持ちやすい。ギターみたいに持つべきではないかい?
子どもでもカンタンに演奏できるけれど、注意書きには

本商品の対象年齢は15才以上です。対象年齢未満のお子様には絶対に与えないでください。
お子様がご利用になる場合には。保護者の監督のもとで使用させてください。

とある。たしかにオタマトーンを振り回したりするとアブナイね。
小学二年生の娘は説明書を読み、手探りで音を探して「カエルの合唱」を弾き出したのでびっくり。コレはカンタンだ!
娘はカエルが大好き。私だったらアヒルを選ぶトコロ。子どもの頃はアヒルグッズを集めていた。

光って歌うよ温泉がえる きいろ

光って歌うよ温泉がえる きいろ


f:id:choral:20100104083704j:image
本体を裏返してもスイッチがないf:id:choral:20091209172654g:image湯船に浮かべると、発光しながら音楽を奏でるのだ。本体裏の黒い突起部分に水がつくとスイッチが入るそうナ。

*1:すでに今期は、夫君が地域関連の役員を引き受けているけれど・・・。