青島手帖

ドット絵を打ったり、写真を撮ったり、つぶやいたりしています。

HMV横浜VIVRE

人間椅子傑作選のインストアイベントに参加してみた。

人間椅子傑作選

人間椅子傑作選


イベント参加券に書かれている集合時間の10分前、HMV横浜VIVREに到着したのだけど、イベントスペースが見つけられなくて蒼白。HMV横浜VIVREの奥に凄まじい行列が見えたけれど、「スイーツパラダイス」への入店待ちだった。
人間椅子の曲が聴こえてきたので、その方角へ向かうとイベントスペースがあった。タスカッタ。
整理券の順番でほぼ最前列。それから以降は後ろを振り向けず、どれくらいの人たちが会場に来ていたのか分からないママ。
メンバーの皆様は普段着で来られるのだろうナと思っていたら、ステージ衣装だ。この後、16時からディスクユニオンお茶の水で行われる写真撮影会に備えていた模様。
鈴木さんと和嶋さんを見るのはかなりひさしぶり。お二人とも落ち着いた雰囲気になり、声がハキハキしてきたように感じた。
始めて目の前でノブさんを見たけれど、モノスゴ男前だー!仕草や声からもイイ人オーラが見えるナ。
ヨーロッパ巡業にも興味があり*1、MCでその国の言葉を話すコトはあっても、歌詞は日本語にこだわりたいという話が聞けてニヤニヤ。ぜひ、ヨーロッパの方々に人間椅子の凄さをドカンと叩き付けてホシイ!絶対歓迎されるハズ。
メンバーにこの質問を書いてくださった方に感謝感謝!
和嶋さん編集の映像を見ながら、画面に映っている本人のコメントを聞くという経験はソウソウないだろう。黄色い歓声(?)が聞けず、ちょっとガッカリされていたようだけど、「おお〜」とか「あ〜」という低音の(?)感嘆の声が上がっていた。
イベント進行の方から「ねずみ男の衣装の時、頭の先端に何か入れていたのですか?」という質問があった。鈴木さんは堂々と「入っていません!」とのお答え。やはり20年前もそういう質問を多く投げかけられたとのコト。たしかにイイ尖り方だった。
期待していたノブさんのおしゃべりは少なめ*2人間椅子20周年というコトで、もしかしたらノブさんもコチラ(観客席)側の気持ちだったのカモしれない*3
f:id:choral:20090203114821j:image
うわはははは。弟に自慢しなきゃ。
鈴木さん(人間ロゴとサイン)→和嶋さん(椅子ロゴとサイン)→ノブさん(日付とサイン)の順序でサイン入れ作業。
この一連の流れ作業が和嶋さんのトコロで溜まりがち。椅子ロゴをもう少し小さめに描いたら早くなるのではないカナとか、ノブさんのサインはどこに入るのだろう?と思いながら見ていた。
人間椅子ロゴは描いているウチにゲシュタルト崩壊を起こしそう。

*1:今回、この話が出たというだけで、具体的な計画はまったくない模様。まだまだ先のコトになりそう?

*2:進行係さんへ「新作を聴いてどう思いましたか?」と、逆に質問を振る辺りが凄いと思った。

*3:ノブさんは、2004年から人間椅子のメンバーに入ったので、今年で5年目。アレ?もうそんな?