青島手帖

ドット絵を打ったり、写真を撮ったり、つぶやいたりしています。

抜糸

娘、Y病院にて抜糸。
大人しく治療を受けているので、センセイ達も驚いている。むしろくすぐったいらしく、腰に手を当てている娘。
傷の塞がっていない箇所があるので、一部だけ糸を残し、また来週。
プロスタンディン軟膏が処方される。しかし、この外用薬がかかりつけ薬局に無く、Y病院近くの調剤薬局へ後戻り。
そんな面倒なコトにならないよーに、Y病院の待合いホールに院外処方のFAXコーナーがあったのネ。
f:id:choral:20070901210807j:image
私自身、抜糸の経験が二度あるけれど、どちらともかなり痛かった。右手親指の腹の切り傷の時は、産婦人科で抜糸してもらったのだけど、その時のセンセイが「こんな細い糸を見たのは始めてだ」とか「細くてムズカシイ」などとつぶやき、「産婦人科の縫合用の糸はそんなに太いのか!?」と恐ろしくなった。そんな夏の思い出。