青島手帖

ドット絵を打ったり、写真を撮ったり、つぶやいたりしています。

マザー牧場

深夜。気持ち悪くなり目がさめる。夕食に「チンゲンサイと牡蠣炒め」を食べてから7時間。食中毒っぽい。気のせいだと思い込みつつ眠る。が、無理。悪寒と吐き気で七転八倒。

朝。胃に不快感があるものの。ヨロヨロと復活。
マザー牧場を目指して出発。ETCゲートをくぐる度にドキワク。料金所の度に慌てて財布を取り出す手間が無くて精神的に安楽。
うみほたるで休憩。風が強く激寒。
なんとなく雲が出てきたので、先に富津公園へ。どんぐりわんさか。
富津岬の展望台に到着。風変わりなデザイン。点検閉鎖中で登れず。たしかに柵も低く所々に亀裂もあり少々危険なカンジ。
海岸へ降りるとMM地区やベイブリッジや富士山や八景島シーパラダイスまでよくみえる。空が広い。波に洗われて丸くなった石や貝を拾う。屋台でやきとうもろこしを買う。1本300円。安!しかも熱々。

マザー牧場へ向かう。夫君念願のソフトクリームを食べる。晴れて暖かくなってきて絶好のタイミングで美味ー。
途中、羊の大行進に遭遇。今までベビーカーの車輪を出来るだけ限り汚れないよう汚さないようにと気を使ってきたけれど、羊の大行進後にまき散らされている膨大な量のアレに「もうどうでもいいや」という気持ちに。

えさやり体験ミニブタコースに参加したくてしたくてウズウズしていたけれど、先着20名限り。コレはやはり子供たちに優先させねばと諦める。
で、羊とアヒルにエサをあげる。噛まれそうで恐ろしく怯えながらエサを投げる。アヒルはともかく羊はイマイチ食いつきが悪い。そのウチに夫君が手のひらにエサのせて食べさせると面白い!というコトに気がつく。ボリボリはふはふと食べる。なにかこう鼻息がシトーとして激烈に面白い。

で、こぶたのレース。1〜6までの番号のついたこぶたのぬいぐるみ(500円)を購入し、一等こぶたを当てるとおおきいぶたのぬいぐるみが貰える。欲!子供らに混じって4番こぶたぬいぐるみ購入。
で。会場から選ばれた子供らにこぶたはゴールまで追い立てられる。こぶたも速いが子供も速い。結果は僅差で3番こぶた。くくくくやしい。

ジンギスカン美味ー。タレが美味ー。
次のこぶたのレースが始まっている。もしや、前回購入した4番こぶたぬいぐるみで再度エントリー出来るのでは!?と覗き込んでみたら、今回のレースのこぶた番号タグの色が黄色。私の手元にあるこぶたのタグは緑色。流石に悪いコトは出来ないものだナーと。

夫君がバンジージャンプをしたいと言い出す。止めるも聞く耳もたず。チケットを買いに向かってしまう。
娘に「父とは今生の別れだヨ」とヨヨヨと泣きつつ見送っていたら、ハーネス姿がやたらと似合う夫君が「動画で撮って〜」と戻って来る。塔の2階辺りから飛び下りるマネをする夫君。余裕。
動画はデジカメで30秒しか撮影出来ない。不安。夫君がバンジー台の隅に立った瞬間から動画を撮りはじめる。
夫君は躊躇なく華麗なフォームで飛び下りる。マットギリギリまで落下。すぐにバイ〜ンと弾かれた。青く広い空に吸い込まれるよーに。男らしいナと思った。

ふと通りかかった「鹿野山窯」でコーヒーカップに絵付け。始めは四角のまん中に点という模様を全面にびっしりと描く予定だったけれど。段々と無気味な紋様となる。にわかに恐ろしくなり塗りつぶし。改めて白抜きした花を描く。本焼されて数週間ののちに自宅に郵送されるらしい。楽しみ

宿に到着。お向かいのファミレスで夕食。隣の席では若者らがやたらとハイテンションに盛り上がっている。娘はベビーチェアから体を反転してお隣が盛り上がる度に拍手。
店を出る頃には小雨が。フードをかぶってコンビニに向かう途中、ファミレスに娘のスプーンを忘れたコトに気が付く。トホー。

USO!?ジャパン。「どんな力自慢もギャフンと言わせちゃう術」で本当にボブサップ登場で驚愕。